トップページに戻る

岩手県沿岸北部のチョウセンアカシジミ

7月5日から8日まで友人と岩手に出かけた。1日目、途中は晴れ間も出て、沿道のコンクリートの吹きつけに来たツマジロウラジャノメが撮影できた。沿岸に近ずくと曇ってきて、2時過ぎポイントにつくころには時々雨も降り始めた。暗かったせいかチョウセンアカシジミは、もう飛び回っていた。2日目、朝から雨、チョウセンアカのポイントを訪れた時も時々雨が降った。傘をさしながらも、保護のために家の庭、畑や道沿いにデワトネリコを植えて管理してくれている地元の人のおかげで、たくさんのチョウセンアカシジミを見ることができた。